3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

お客様にインタビュー!

今回は、「3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅」

約11坪の土地にお家を建てたM様に弊社と家づくりをして、実際どうだったかお話をお伺いいたしました

Works:3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

Interview:3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

2016_6_18_74

3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

「ここに家を建てることができるか、まずそれが問題だった」というM様邸。電気をつけないと昼間でも薄暗かったという家が、今は自然光が降り注ぐ家に。ご実家の床屋さんを見事な狭小住宅に生まれ変わらせることができました

2016_6_18_35

生まれ育ったこの家に住みたい

「住宅会社のセミナーに行ったり、展示場に行ったり。でも諦められちゃうんです。ここに家は作れないと。」
M様邸は、奥様のお父様が床屋を営み、奥様が生まれ育った思い出の家。土地の広さはおおよそ11坪しかない。本当にここに住める家が建てられるのかとご夫婦は悩んだ。

「家を建てるにあたっては、課題が3つありました。まずここに家が建てられるのか。当時住んでいた家が売れるかどうか。それと、隣と長屋だったのでどう壊して切り離すか。この3点がクリアできないと建てられないという状況でした。」
M様は、それから実に3年という年月をかけて3つの課題をクリア、ついに素晴らしい家が完成した。

「柱ができて、壁ができて....とだんだん家らしくなっていくのがうれしくて。前の家では梯子しかなかったところに階段がついているのを見たときは、ああ本当にここに住めるんだと実感しました。」

2016_6_18_115

愛猫と2人+1匹の暮らしを思い描いて

「ホープスさんに、何LDKの家に住みたいかじゃなくて、どういう住まい方をしたいかが大事で、それは狭小住宅でも同じだと言われました。それで、おっ、この会社ならと思ったんです。ここなら私たちが思っているような家が実現できるんじゃないかと。OB訪問で伺ったお宅も素敵で、この会社で建てようと決めました。」

打合せの前半は、いかに要望を削ぎ落していくかがポイントだった。誰でも家づくりに無限の思いが膨らむが、実際に家を建てるとなると、現実には予算との戦いになる。どうしても譲れないものを残して、どう上手に他を削ぎ落していくかが重要だとホープスさんは言う。

「小さくても温かくて2人で仲良くゴロゴロできる家」とタイトルをつけられた設計図は、それを低コストでどう実現していくかに力が注がれた。

床は当初、焦げ茶色のウォールナットを希望していたが、それに近い素材を探して使用し、本物と見間違う美しいフロアに。駐車場も諦めたが、そのおかげでハーフユニットではない普通のユニットバスを入れて減額できた。

夫婦2人+愛猫1匹の暮らしを考えていたため、キャットウォークを作りたいという希望もあったが、スキップフロアにすることで家全体をキャットウォークのような空間に仕上げた。

必要なものだけを厳選して作られた家は、当初の予算と最終的にかかった費用に数千円の差しかなかったという。残念ながら愛猫は引越し前に亡くなってしまったが、2人で何度も話し合った猫のトイレ収納は今もきちんと残されている。

2016_6_18_92

「あ、この土地でも建てられるんだ」狭小住宅のお手本に

M様邸で見学会を行うと「通りから家の奥まで見渡せるような家だけれど、一歩家の中に入ればちゃんと暮らせる空間になっている。できるんですね、本当に。」とみな口をそろえていう。ハウスメーカーの規格品では絶対にできない家づくりを実現させたM様邸は、今では狭小住宅を建てたい人のお手本となっている。

それまで住んでいた家は庭付きで天井が高い広い家。今回、家を建てるにあたっては、天井の高さと収納、家の明るさにこだわった。

「庭付き一戸建てもマンションも経験しているけれど、それでもどこか満たされない、落ち着かない気持ちがありました。それで、自分たちの生活を見直して、本当に必要なものは何だろうと話し合ったんです。結論は“小さくても大丈夫”“2人がゆっくりできる心地いいリビングが欲しい”ということでした。」

収納は多めに、隙間がないという位たくさん作ったという。キッチンも必要なサイズをしっかり測っていれたため、まったく無駄がない。

いつもご夫婦仲良くプランを考えていたM様だが、話し合いながら意外な発見もあって驚いたという。「子どものころは何が好きだったかという話をしていたら、夫が実は天体が好きで望遠鏡が実家にあるというんです。その時まで全然知りませんでした。じゃあ、そういうことができるように作ろうよとなりまして。ベランダでこれから楽しみたいですね。」

2016_6_18_0

お施主様と工務店とは運命共同体

「家は一緒に作っていくもので、いいも悪いも私たちは運命共同体。私たちだけでも家は建ちますが、お施主様が積極的に関わってたほうが、出来上がったものが絶対違ってくると思います。」とホープスさんは言う。

これに対してM様も、「上棟式をなぜ行うか尋ねたときに“チームワークを作るため”と言われて、なるほどと思いました。私たちがいて、ホープスさんがいて、大工さんがいて...というチームワークが大事なんだと。」上棟式は寒い時期だったからおしるこを用意しましたよね、とM様は笑う。

「提案してもらったプランをそのまま受け入れたころは少なかったかもしれないですね。二度三度、ダメ出したことも。あの時やっぱり言っておけばよかったと思うのは嫌なので、言いたいことは全部言わせてもらいました(笑)。でも、いつも気持ちを汲み取ってくれて、再提案してもらえましたね。」

こういうM様に、ホープスさんも笑いながら答える。「私たちはプロでなければいけないと常々言ってるんです。最初からできないじゃなくて、ちゃんと考えないとだめだと。どうすれば?をきちんと考える。簡単にできないと言わないで、まずは考えるようにしてます。」はじめての家づくりは不安を感じて当たり前だが、不安はまったくなくワクワク感ばかりだったという奥様。

「完成してみていかがですか?」と尋ねると、にっこり笑ってこう答えた。「やっぱりこうしとけばよかったというところはないですね。大満足です。」

2016_6_18_452016_6_18_1322016_6_18_128

Works:3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

Blog:元気くんママの徒然ブログ

シンプルさを極めつつご夫妻のライフワークと趣味に寄り添った家

お客様にインタビュー第3弾☺

今回は「シンプルさを極めつつご夫妻のライフワークと趣味に寄り添った家」

アンティークや世界中の石鹸のコレクターであるご夫妻のこだわりがたくさん詰まった家づくりです!

Works:スキップフロアでつながるリビングダイニングのある家

Interview:シンプルさを極めつつご夫妻のライフワークと趣味に寄り添った家

シンプルさを極めつつご夫妻のライフワークと趣味に寄り添った家

interview_02

シンプルさを極めつつご夫妻のライフワークと趣味に寄り添った家

今回、お邪魔したS様ご夫婦のお住まいは、アクセサリー製作がライフワークであるご主人と、世界中のあらゆる石鹸のコレクターでもある奥様の理想を具現化したものだ。ご主人の「シンプルな家を創りたい」というコンセプトを基に、ご夫婦のライフスタイルに寄り添う住まいを形にする。それは繊細かつ高感度なクリエイティビティさがなければ成し遂げられないといえるだろう。今回はS様ご夫婦の理想の住まいにお邪魔して、ホープス代表・清野を交え、当時の模様を振り返ってもらった。

workroom_04workroom_06

あふれる想いを具現化してくれる建築事務所と出会うまで

まず、ご主人が「最初は中古の物件を買って、自分で手を加えていこうと思っていたんです」と語ってくれた。自らアクセサリー製作を手掛けるご主人らしい発想だ。「いろいろな不動産業者さんを訪ねて、世田谷、目黒、神宮前あたりの物件をおそらく20軒以上は見ましたね。例えば池尻大橋の物件は、お隣の家との距離がすごく近くて、敷地も狭いんです。そんなとき、ある方に『理想の建物、理想の土地、理想の金額。こんな物件が見つかるなんて奇跡ですよ』と言われまして。『ああ、そうだな』と。『それならば自分の家を建てよう』と決意したんですね。」

理想の家を建てる。つまり注文建築の家を創ることになる。ここで重要なポイントとなるのがパートナー(依頼先)選びだ。クオリティはもちろんだが、お互いの相性も重要となってくる。S様ご夫婦がホープス代表である清野に理想の住まいを託した決め手は何だったのだろうか?

「ホープスさんを選んだ理由は、実際にお会いしてみて『この企業なら信頼できる』とずばり思えたからです。インターネットで検索して上位表示された別の建築会社さんにも足を運んでみたんですが、まったくしっくりこなくて。例えば、こちらのリクエストに対して耳を傾けてくれるのはありがたいんですが、まったくと言っていいほど提案がなかったり。はたまた、そもそもリクエストを汲んでくれる姿勢はありがたいんですけが、すべてのリクエストを実現させたらとんでもない家になってしまうことも容易に想像できたんです。」

確かに、素人がコスト面や実用性を後回しにした理想を追求してしまうのは仕方がないかもしれない。何しろ、夢に描いた自分の城を建てるのだ。ロマンを追い求めたくなるのも当然といえるだろう。そんな時に巡り合ったのがホープスというわけだ。

ご主人曰く「清野さんには『シンプルな家を作りたいんです』とお伝えしました。」ということだが、シンプルな家というのは、作り手からするとハードルが高い要求だろう。ホープスはそのリクエストをどのように応えていったのだろうか。「シンプルといっても、どこまで突き詰めていくか?が難しいんですね。S様は『家であれば、間取りはないいでもいい』という方ではないということを初めてお会いした時に感じました。そこで、S様と打合せを重ね、その中から感じたことを丁寧に汲み取っていこうと考えたんです。」と清野はいう。

「弊社のスタッフには常々、『うち(ホープス)に来られるお客様はきちんとしたお仕事をされている方々で、【仕事は何か?】ということをご理解されているからこそ今がある。だから我々も、住まいのプロフェッショナルとしてきちんとお答えしなければならないし、またそうでなければ信頼を得られることなんて到底できない』と話しているんです。」

その真摯かつ誠実な姿勢はS様ご夫婦にも好感触だったようだ。

living_02hobby_01workroom_03

施主と家づくりのプロが、二人三脚で理想の家を実現

「帰りの道すがら、ホープスさんから頂いたパンフレットに掲載されている過去の作品(創られた家)を、妻と見ていたんです。『ホープスさんはきちんとした会社だね』ということで意見が一致したんです。」こうしてS様邸の住まいはホープスが手掛けることになった。

ご主人がなぜ「シンプルな家」にこだわったか。「うちには私が収集しているアンティークなものが多く、そのもの自体に主張があるんです。だから、シンプルな家にしないとバランスが取れないと思ったんです。」その結果、室内はアンティーク品との相性を鑑み、「マット調の白」を基調に仕上げられた。

また、自宅に友人たちを招いてパーティをすることが多いというS様ご夫妻には、家を建てるにあたり「自分たちの新居に客人を招いてパーティをしたい」という想いがあった。そこで「ワンフロアはトイレなどを設置せず、パーティ専用のスペースにしたい。」というリクエストを出された。

清野曰く「『ご自宅でホームパーティを開きたい。3階をアトリエにしたい。2階のバルコニーの前の電線が生活の邪魔にならないようにしたい。』というリクエストを頂きました。それぞれの要望にどのように応えていくのがベターベストなのかをじっくり検討し、提案していきました。」

S様ご夫妻が選んだ土地には段差がある。高低差はおよそ60㎝。ホープスはこれに着目した。「この60㎝という数字がミソなんですね。60㎝までの段差に家を建てる場合、ひとつのものとして構造計算ができます。しかし、それ以上の大きな段差になると、2つの構造体として扱わなければならなず、一気にコストが上がってしまうんです。そこでS様邸は、段差を逆手にとって、背もたれにしようと考えたんです。」

ご主人も「スキップフロアで天井が高いんですね。その下はガレージで『ガレージの天井はそんなに高い必要はないですよね』と清野さんからご提案いただき、確かにそうだなと納得しました。」

こだわりと思い入れの詰まったS様邸だが、奥様が特にこだわった箇所がある。それは階段だ。「3階建てだと、2階部分に入り口が2つできてしまう階段がありますよね。それに抵抗があったので、階段を1つにしてくださいとお願いしました。」また、打ち合わせの初期段階から「スチール手摺」というキーワードが出てきたことに清野も驚いたようだ。

ご主人のこの家の部材に対する思い入れは深い。「施工段階になっても、気づいたことはメールで結構やり取りしました。」とのことだ。それはサッシやドアノブだけではなく、浴室にも及ぶ。サッシの一部にはビル用の部材を用い、ドアノブはご主人が選んだ動物のツノだ。浴槽も全て湿式造作を考えたが、コストとのバランスを考慮して清野がハーフユニットを提案。結果としてはこれが採用された。

また、興味深い点として、S様邸には区切りがない。洗面台を見ているとまるでヨーロッパの家を見ているようだし、浴室の床も限りなくフラットだ。これもご主人のこだわりだ。「床をフラットにしたかったんです。でも、清野さんから『フラットにしたら水が外に漏れますよ』といわれまして。私は『それでもいいからフラットにしてくれ』と頼みました。双方で話し合った結果、少しだけ段差を付けることにしました。結果やしてはやはりじわじわと水が浴室の外の洗面室に流れるんですが『これは俺が言ったんだからしかたない』と割り切り、その都度雑巾で吹いています(笑)」

奥様も区切りがない“我が家”を気に入っているようだ。「熱効率を考えていなかったので、区切りがないのはどうかと思ったんです。実際は冬でも暖かいんですね。結果的には区切りがなくてよかったです。前から使っていた小さなヒーターが1つあれば、部屋の上の方まであたたくなりますから。」1階は寒いようだがそれなら上の階で寝ればいいという考え方だ。反面、夏場は涼しいという利点を活かして1階で寝ているという。

ホープスで1つの家を設計する場合、設計期間は平均3ヶ月くらいとのことだが、S様邸はじっくりと4ヶ月の時間を費やした。注文建築を選ぶうえで大切なポイントをご主人に伺ってみた。「双方のイメージの共有は大切だと感じました。私は雑誌や写真を持参して打ち合わせに臨みました。」清野も「家を『買う』と考える方よりも、S様のように中古物件を買って自分の家を創ってみたい、と思っているような方との相性は良いかもしれません。」と語る。奥様も「自分たちが『家を買った』という感覚は全くないですね」とのことだ。

清野によると「『私たちも一緒に面白がって家づくりをしようよ』という思いを企業テーマに掲げています。自分たちが楽しく家づくりができなければ、お客様にも楽しんでいただけないし、良い家なんてできるわけがない。そう考えています。」ご主人も「この場所は消防法が厳しいんですね。例えば玄関はやってみたいことの1/4くらいしかできてないんです。この家の打合せが終わってすぐに清野さんと『今度は自由度の高い場所で創ってみたいですね』と話しました。」

最後にご主人から「お陰様で理想通りの家が出来上がりましたね。打合せを重ねながら私たちの想いを伝えて、そこからさらにホープスさんから様々なご提案をいただきました。例えば、玄関の明かりがフワッと点くんですよ。それがすごく気に入っています。」と語ってくれた。奥様も「一緒に家を建てた、という気持ちです。」という想いだ。単に「家を買う」のではなく、「家づくりのプロと二人三脚で理想の家を建てる」ことこそが、注文建築の醍醐味かもしれない。

entrance_02bathroom_01

Works:スキップフロアでつながるリビングダイニングのある家

あえて収納を減らす、子供たちと楽しむマンションフルリノベーション

お客様に直接インタビュー!

今回は「あえて収納を減らす、子供たちと楽しむマンションフルリノベーション」

お客様が弊社に感じたこと、住まいづくりの考え方など生の声となっています

皆様の家づくりの参考にいかがでしょうか

Interview:あえて収納を減らす子供と楽しむ住まいのリノベーション

 

あえて収納を減らす子供と楽しむ住まいのリノベーション

_MG_3395

あえて収納を減らす、子供と楽しむ住まいのリノベーション

リフォームして新たに生まれ変わったM様邸。無垢のフローリングにラワン合板のしつらえがとても美しいシンプルなお宅は、木と家族のぬくもりがいっぱいにあふれている。

_MG_3398_MG_3300

少ないモノで豊かな暮らし

まるでカフェのような優しい雰囲気のM様邸。約2ヶ月かけたリフォームで家の明るさがだいぶ変わったという。すっきりとシンプルな室内は開放感にあふれ、とても気持ちのいい空間だ。リビングからダイニング、そしてキッチンまで一度に見渡せる部屋には、穏やかな空気がいつも流れている。

「これから手を入れていきたいところは?」との質問に、「収納は今回あえて少なくしてもらったので、その収納量で足りる生活をしたい。」と奥様。その通り、整理収納が行き届いた素晴らしい暮らしぶりが伺える。テレビ台にはラワン合板を使用し、無機質な電化製品をきれいに収納しているところが印象的だ。

M様邸は、すっきりとシンプルな佇まいが魅力。室内で目に入るものは厳選し、それ以外はきちんと収納するのがこだわり。一般のお宅では悩みどころとなる玄関収納もご覧の通り。

生活感が出やすいキッチンも、見事に整理されています。奥様のこだわりはラワン合板の食器棚。腰高で使いやすく、陽射しがたっぷりと降り注ぎます。散らかりやすい食器類も木の温もりの中にきちんと納まります。ステンレスシンクと木の質感が品よくマッチし、優しさのあるキッチンが出来上がりました。

機能性重視で味気なくなりがちのバスルームも、気をふんだんに使うことで、こんなに柔らかい空間に。あわただしい朝も優雅な気持ちで過ごせそうな、明るさにあふれるバスルームになっている。

_MG_3379_MG_3306

玉手箱のような子供部屋

打合せの時はとても楽しかったという奥様。「予算とやりたいことの戦いでしたが、あれこれアドバイスをしてもらいました。施工中もできあがった部分を見たら、やっぱりこうしたいとイメージが変わって一緒に考え直してもらったり。」M様みずから設計・施工に積極的に参加し、「ご自身で建てた家という感じがしますね」とホープスさんも語る。

家の中はお子さんがいる家庭なら憧れてしまうような木のインテリアがいっぱい!ご夫婦で選び抜いた家具や遊具がずらりと並んでいる。表紙が可愛い絵本がディスプレイされた本棚、ガラガラとすぐ引き出せるおもちゃ箱、大きな白いテントに黒板付きの可愛いテーブルまで!大人も思わず遊び心がくすぐられる楽しい空間だ。

_MG_3275_MG_3258

決め手は「感性が合うかどうか」

リフォームを依頼するに会社を探していたM様が、ここにしよう!と思った決め手はHPだったという。「白い外観、白い箱みたいな可愛い感じの家が多くて、好きな感じが多かったので。」実際のお宅も、フローリングの無垢材や建材のラワン合板と白い壁との組み合わせがとてもセンス良く美しいため、可愛いお嬢さんが遊ぶ姿も絵になる素敵な家に変身した。「担当者の方とお話ししたとき、私のこだわりがちゃんと伝わってるなと感じたんです。“こうしたい”と伝えても、返された返事に“いや、そうじゃないんだよな”と思うことってありますよね。でも、ホープスさんの答えには、“あ、そうです!”という感触がありました。」ご主人も「作っていく上で、感性が合うかどうかがすべて。一生一度の大きな買い物ですから。」という。いかにフィーリングが合う工務店を選ぶかが、満足のいく家づくりのポイントといえそうだ。

これに対し、ホープスさんは、「僕たちが意識しているのは、暮らし方からしっかりお聞きしていくこと。こういうことを求めているのかなぁと想像しながらヒアリングをしています。」ヒアリングは結構相手を探すのに似ている。会ってみて、お付き合いしていいのかな、波長が合うのかなって思うでしょ?そういって笑うホープスさん。「何社か同じことを相談しても返ってくる返答が全然違う。それが面白かったですね。選びがいがありますよ。」とM様。よい家は、お施主様と工務店のマリアージュによって生まれていくのかもしれない。

_MG_3400_MG_3402

Move:あえて収納を減らす、子供たちと楽しむマンションフルリノベーション

「こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

お客様に直接インタビュー!

最初のインタビューは「こだわりのキッチンとストレートダイニングがある家」

お客様が何を求めて、何を考えて住まいづくりをしたかがわかる生の声の動画となっています

皆様の家づくりの参考にいかがでしょうか

Blog:http://ameblo.jp/kaco-family-house/entrylist-1-1.html

Works:砧の茶室のあるストレートダイニングの家

Interview:「こだわりのキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

多摩川沿いの大きな土間ホールのある長期優良住宅

DSC_3985

お客様が家づくりについてブログを書いてくださっています!

今回のお家はガレージハウスです

車好きにはたまらないこだわりがたくさん!

着工前のお打合せから書いてくださっているので、弊社の進め方などが垣間見えます

皆様のおうちづくりの参考にしてみてはいかがでしょうか

Blog:http://ameblo.jp/mayuminnguuuu/

ゼロ・エネルギー・パッシブ・ハウス

DSC_3947

お客様が家づくりについてブログを書いてくださっています。

このお家はお客様ご自身で設計されたのでちょっと今までの弊社のものとは雰囲気が違うところがあるかもしれません

それもまた、お家の個性です

間違え探しのようにお家の個性を他のお家と比べてみるのも面白いですよ

皆様の家づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか

Blog:http://noumusu.hatenablog.jp/

「こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

1

こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

自宅を新築するにあたり第一のご希望は「理想のキッチンをつくること」だったというM様ご夫妻。設計事務所を選ぶ段階から、奥様はすでに置きたいシステムキッチンのメーカーは決めていたのだという。設計・施工を担当した株式会社ホープスの代表、清野廣道さんと、M様ご夫妻にどのようにして理想のキッチンだけでなくご家族のライフスタイルにぴたりと沿った家をつくり上げたのかを伺った。

2

このメーカーのキッチンを置ける家、から始まった家づくり

「今までは賃貸で暮らしていて、キッチンが奥まっていたんです。家族の声が全然聞こえないし、私は作る人、家族は食べる人という感じがするのがすごくストレスでした。それを何とかしたくて」と奥様。新しく家を建てるにあたりアイランドキッチンにすることは必須条件だった。奥様は導入するシステムキッチンのメーカーも決めており、奥様とキッチンメーカー、そしてこの家の設計・施工を行った株式会社ホープスさんが連絡を密に取りあって計画をしたそうだ。

しかし、導入するには一つ問題が。「M邸の敷地は長方形で、2階にとったDKの形も奥行きのある細長い形になっています。そのため、短い辺と平行にキッチンカウンターを置くと、ダイニングを見渡せるのですがキッチンへ行き来する通路の確保が難しくなってしまいます。ですので、ストレートダイニングというスタイルを提案しました」と話す清野さん。細長いDKの、真ん中を突っ切るように配置されたキッチン台とそれに続くダイニングテーブルという流れは、とてもシンプル。動線にも無駄がなく、とても使いやすいものになったという。奥様も「この家に住んで2年になりますが、家族と一緒に、同じ時間を過ごしているという実感があり理想通りです」とのこと。

他にもたくさんの工夫が詰まっている。「キッチン台とダイニングテーブルは用途が違うわけですから、使いやすい『高さ』も違います」と清野さん。普段はそこで生まれる段差を、キッチン部分の床を下げることで調節するのだそう。しかし、今回は床をフラットにしたいというご希望だったため、キッチン部分を『白のパネル』ダイニングテーブルを『無垢のウォルナット材』と色も素材もまったく違うものにし、生まれた段差も敢えてデザインの一部として取り入れた。

シンプルですっきりとしたデザインのキッチンだが、収納力も十分にある。突きあたりにオーブンなどをまとめて設置したことで生まれた隙間を利用して、パントリーをつくった。また「キッチンの背面を出窓にすることで、棚のように使って物を置けるようにしました」と清野さんが話す通り、デザインの一つとして『見せる収納』も取り入れた。

このシンプルかつ機能的なキッチンの使い心地は?と伺うと、奥様は「食べるほうが好きだったお料理も、最近は作るほうも好きになってきたんですよ。友達も家にたくさん来てくれるので幸せです」と嬉しそうに話してくださった。

54

シンプルに、プレーンに。建築家と共につくる自分たちらしい家

もうひとつの必須条件が炉を切り、本格的な茶室として使用できる『和室』だ。「私だけではなく母も茶道をたしなむため、どうしても欲しい場所でした」と奥様。M様の『シンプルに、プレーンに』という全体的な家づくりのご要望に沿う和室にするにはどうしたら良いか。さまざまなアイデアを出し合い、またホープスさんもたくさんのご提案をしながら徐々につくり上げたのだそうだ。

「特徴的なのは唐紙です。唐紙を取り入れるという奥様からのアイデアがあり、和室の壁紙には唐紙を使用しました」と清野さん。柄の色味や雰囲気の選び方で『和であるけれども北欧モダン風に』というご要望に応えた。「また、板に柄の違う唐紙を貼り、キッチンの出窓部分にも設置しました」と言う。キッチンと、その続き部分にある和室に唐紙を取り入れることにより2階の全体的な調和も生まれた。

また、和室部分の窓だけは木製のサッシを取り入れた。清野さんは「外から見ると道路に面した『顔』の部分でもありますから」と語る。「和室側には引き戸も付けました。ぴたりと閉めると枠が5ミリ程度しか見えないつくりになっています。そのとき縦縞の柄がぴったりと合うようにしたのもこだわりです」とのこと。

他のご家族のご要望にもしっかりと応えている。ご主人は「独立した個室が欲しい」というもの。1階、玄関を入ってすぐ左側に自由度の高いプレーンなつくりの部屋をご主人の個室として配置した。お子様は「お風呂からトイレへそのまま行くことがあるため、動線を確保してほしい」ということ。洗面・脱衣室を挟んでまっすぐにトイレとお風呂を配置し動線を確保しただけでなく、濡れた足でも行き来出来るよう、床面に木目調の塩ビタイルを使用した。

家づくりにあたり主に清野さんと打ち合わせをしたのは、奥様と、普段お仕事で建築取材をなさることもあるという奥様のお姉さまなのだとか。地震に強い『SE構法』で家を建てたいというご希望があり、設計・施工をともに行う工務店を探していたところホープスと巡り合ったのだという。「他にも候補があったのですが、初回面談の際の清野さんと設計担当者のお人柄が決め手になりました」と奥様。施主様が出した要望をそのまま設計するのではなく、アイデアを出し合ったり、細かく打ち合わせをしながらともにつくり上げていくホープスさんとの家づくりは「家づくりって、本来こういうものだと思いました。大満足でした」とのこと。

実際2年暮らしてみてのご感想は?との問いには「こうしたいと思っていたことが実現できて、ストレスがありません」と語ってくださったM様ご夫妻。M様ご夫妻とホープスさんの家づくりは、まさに注文住宅のよさを最大限に生かしたものだったと言えるだろう。

79

Blog:http://ameblo.jp/kaco-family-house/entrylist-1-1.html

Works:砧の茶室のあるストレートダイニングの家

Move:「こだわりのキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

HOPE'sが今まで携わってきたお客様の生の感想を綴ったお客様の声プログです。