あえて収納を減らす子供と楽しむ住まいのリノベーション

_MG_3395

あえて収納を減らす、子供と楽しむ住まいのリノベーション

リフォームして新たに生まれ変わったM様邸。無垢のフローリングにラワン合板のしつらえがとても美しいシンプルなお宅は、木と家族のぬくもりがいっぱいにあふれている。

_MG_3398_MG_3300

少ないモノで豊かな暮らし

まるでカフェのような優しい雰囲気のM様邸。約2ヶ月かけたリフォームで家の明るさがだいぶ変わったという。すっきりとシンプルな室内は開放感にあふれ、とても気持ちのいい空間だ。リビングからダイニング、そしてキッチンまで一度に見渡せる部屋には、穏やかな空気がいつも流れている。

「これから手を入れていきたいところは?」との質問に、「収納は今回あえて少なくしてもらったので、その収納量で足りる生活をしたい。」と奥様。その通り、整理収納が行き届いた素晴らしい暮らしぶりが伺える。テレビ台にはラワン合板を使用し、無機質な電化製品をきれいに収納しているところが印象的だ。

M様邸は、すっきりとシンプルな佇まいが魅力。室内で目に入るものは厳選し、それ以外はきちんと収納するのがこだわり。一般のお宅では悩みどころとなる玄関収納もご覧の通り。

生活感が出やすいキッチンも、見事に整理されています。奥様のこだわりはラワン合板の食器棚。腰高で使いやすく、陽射しがたっぷりと降り注ぎます。散らかりやすい食器類も木の温もりの中にきちんと納まります。ステンレスシンクと木の質感が品よくマッチし、優しさのあるキッチンが出来上がりました。

機能性重視で味気なくなりがちのバスルームも、気をふんだんに使うことで、こんなに柔らかい空間に。あわただしい朝も優雅な気持ちで過ごせそうな、明るさにあふれるバスルームになっている。

_MG_3379_MG_3306

玉手箱のような子供部屋

打合せの時はとても楽しかったという奥様。「予算とやりたいことの戦いでしたが、あれこれアドバイスをしてもらいました。施工中もできあがった部分を見たら、やっぱりこうしたいとイメージが変わって一緒に考え直してもらったり。」M様みずから設計・施工に積極的に参加し、「ご自身で建てた家という感じがしますね」とホープスさんも語る。

家の中はお子さんがいる家庭なら憧れてしまうような木のインテリアがいっぱい!ご夫婦で選び抜いた家具や遊具がずらりと並んでいる。表紙が可愛い絵本がディスプレイされた本棚、ガラガラとすぐ引き出せるおもちゃ箱、大きな白いテントに黒板付きの可愛いテーブルまで!大人も思わず遊び心がくすぐられる楽しい空間だ。

_MG_3275_MG_3258

決め手は「感性が合うかどうか」

リフォームを依頼するに会社を探していたM様が、ここにしよう!と思った決め手はHPだったという。「白い外観、白い箱みたいな可愛い感じの家が多くて、好きな感じが多かったので。」実際のお宅も、フローリングの無垢材や建材のラワン合板と白い壁との組み合わせがとてもセンス良く美しいため、可愛いお嬢さんが遊ぶ姿も絵になる素敵な家に変身した。「担当者の方とお話ししたとき、私のこだわりがちゃんと伝わってるなと感じたんです。“こうしたい”と伝えても、返された返事に“いや、そうじゃないんだよな”と思うことってありますよね。でも、ホープスさんの答えには、“あ、そうです!”という感触がありました。」ご主人も「作っていく上で、感性が合うかどうかがすべて。一生一度の大きな買い物ですから。」という。いかにフィーリングが合う工務店を選ぶかが、満足のいく家づくりのポイントといえそうだ。

これに対し、ホープスさんは、「僕たちが意識しているのは、暮らし方からしっかりお聞きしていくこと。こういうことを求めているのかなぁと想像しながらヒアリングをしています。」ヒアリングは結構相手を探すのに似ている。会ってみて、お付き合いしていいのかな、波長が合うのかなって思うでしょ?そういって笑うホープスさん。「何社か同じことを相談しても返ってくる返答が全然違う。それが面白かったですね。選びがいがありますよ。」とM様。よい家は、お施主様と工務店のマリアージュによって生まれていくのかもしれない。

_MG_3400_MG_3402

 

「こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

お客様に直接インタビュー!

最初のインタビューは「こだわりのキッチンとストレートダイニングがある家」

お客様が何を求めて、何を考えて住まいづくりをしたかがわかる生の声の動画となっています

皆様の家づくりの参考にいかがでしょうか

Blog:http://ameblo.jp/kaco-family-house/entrylist-1-1.html

Works:砧の茶室のあるストレートダイニングの家

Interview:「こだわりのキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

多摩川沿いの大きな土間ホールのある長期優良住宅

DSC_3985

お客様が家づくりについてブログを書いてくださっています!

今回のお家はガレージハウスです

車好きにはたまらないこだわりがたくさん!

着工前のお打合せから書いてくださっているので、弊社の進め方などが垣間見えます

皆様のおうちづくりの参考にしてみてはいかがでしょうか

Blog:http://ameblo.jp/mayuminnguuuu/

ゼロ・エネルギー・パッシブ・ハウス

DSC_3947

お客様が家づくりについてブログを書いてくださっています。

このお家はお客様ご自身で設計されたのでちょっと今までの弊社のものとは雰囲気が違うところがあるかもしれません

それもまた、お家の個性です

間違え探しのようにお家の個性を他のお家と比べてみるのも面白いですよ

皆様の家づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか

Blog:http://noumusu.hatenablog.jp/

「こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

1

こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

自宅を新築するにあたり第一のご希望は「理想のキッチンをつくること」だったというM様ご夫妻。設計事務所を選ぶ段階から、奥様はすでに置きたいシステムキッチンのメーカーは決めていたのだという。設計・施工を担当した株式会社ホープスの代表、清野廣道さんと、M様ご夫妻にどのようにして理想のキッチンだけでなくご家族のライフスタイルにぴたりと沿った家をつくり上げたのかを伺った。

2

このメーカーのキッチンを置ける家、から始まった家づくり

「今までは賃貸で暮らしていて、キッチンが奥まっていたんです。家族の声が全然聞こえないし、私は作る人、家族は食べる人という感じがするのがすごくストレスでした。それを何とかしたくて」と奥様。新しく家を建てるにあたりアイランドキッチンにすることは必須条件だった。奥様は導入するシステムキッチンのメーカーも決めており、奥様とキッチンメーカー、そしてこの家の設計・施工を行った株式会社ホープスさんが連絡を密に取りあって計画をしたそうだ。

しかし、導入するには一つ問題が。「M邸の敷地は長方形で、2階にとったDKの形も奥行きのある細長い形になっています。そのため、短い辺と平行にキッチンカウンターを置くと、ダイニングを見渡せるのですがキッチンへ行き来する通路の確保が難しくなってしまいます。ですので、ストレートダイニングというスタイルを提案しました」と話す清野さん。細長いDKの、真ん中を突っ切るように配置されたキッチン台とそれに続くダイニングテーブルという流れは、とてもシンプル。動線にも無駄がなく、とても使いやすいものになったという。奥様も「この家に住んで2年になりますが、家族と一緒に、同じ時間を過ごしているという実感があり理想通りです」とのこと。

他にもたくさんの工夫が詰まっている。「キッチン台とダイニングテーブルは用途が違うわけですから、使いやすい『高さ』も違います」と清野さん。普段はそこで生まれる段差を、キッチン部分の床を下げることで調節するのだそう。しかし、今回は床をフラットにしたいというご希望だったため、キッチン部分を『白のパネル』ダイニングテーブルを『無垢のウォルナット材』と色も素材もまったく違うものにし、生まれた段差も敢えてデザインの一部として取り入れた。

シンプルですっきりとしたデザインのキッチンだが、収納力も十分にある。突きあたりにオーブンなどをまとめて設置したことで生まれた隙間を利用して、パントリーをつくった。また「キッチンの背面を出窓にすることで、棚のように使って物を置けるようにしました」と清野さんが話す通り、デザインの一つとして『見せる収納』も取り入れた。

このシンプルかつ機能的なキッチンの使い心地は?と伺うと、奥様は「食べるほうが好きだったお料理も、最近は作るほうも好きになってきたんですよ。友達も家にたくさん来てくれるので幸せです」と嬉しそうに話してくださった。

54

シンプルに、プレーンに。建築家と共につくる自分たちらしい家

もうひとつの必須条件が炉を切り、本格的な茶室として使用できる『和室』だ。「私だけではなく母も茶道をたしなむため、どうしても欲しい場所でした」と奥様。M様の『シンプルに、プレーンに』という全体的な家づくりのご要望に沿う和室にするにはどうしたら良いか。さまざまなアイデアを出し合い、またホープスさんもたくさんのご提案をしながら徐々につくり上げたのだそうだ。

「特徴的なのは唐紙です。唐紙を取り入れるという奥様からのアイデアがあり、和室の壁紙には唐紙を使用しました」と清野さん。柄の色味や雰囲気の選び方で『和であるけれども北欧モダン風に』というご要望に応えた。「また、板に柄の違う唐紙を貼り、キッチンの出窓部分にも設置しました」と言う。キッチンと、その続き部分にある和室に唐紙を取り入れることにより2階の全体的な調和も生まれた。

また、和室部分の窓だけは木製のサッシを取り入れた。清野さんは「外から見ると道路に面した『顔』の部分でもありますから」と語る。「和室側には引き戸も付けました。ぴたりと閉めると枠が5ミリ程度しか見えないつくりになっています。そのとき縦縞の柄がぴったりと合うようにしたのもこだわりです」とのこと。

他のご家族のご要望にもしっかりと応えている。ご主人は「独立した個室が欲しい」というもの。1階、玄関を入ってすぐ左側に自由度の高いプレーンなつくりの部屋をご主人の個室として配置した。お子様は「お風呂からトイレへそのまま行くことがあるため、動線を確保してほしい」ということ。洗面・脱衣室を挟んでまっすぐにトイレとお風呂を配置し動線を確保しただけでなく、濡れた足でも行き来出来るよう、床面に木目調の塩ビタイルを使用した。

家づくりにあたり主に清野さんと打ち合わせをしたのは、奥様と、普段お仕事で建築取材をなさることもあるという奥様のお姉さまなのだとか。地震に強い『SE構法』で家を建てたいというご希望があり、設計・施工をともに行う工務店を探していたところホープスと巡り合ったのだという。「他にも候補があったのですが、初回面談の際の清野さんと設計担当者のお人柄が決め手になりました」と奥様。施主様が出した要望をそのまま設計するのではなく、アイデアを出し合ったり、細かく打ち合わせをしながらともにつくり上げていくホープスさんとの家づくりは「家づくりって、本来こういうものだと思いました。大満足でした」とのこと。

実際2年暮らしてみてのご感想は?との問いには「こうしたいと思っていたことが実現できて、ストレスがありません」と語ってくださったM様ご夫妻。M様ご夫妻とホープスさんの家づくりは、まさに注文住宅のよさを最大限に生かしたものだったと言えるだろう。

79

Blog:http://ameblo.jp/kaco-family-house/entrylist-1-1.html

Works:砧の茶室のあるストレートダイニングの家

Move:「こだわりのキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

狭小・北向きでも明るく快適! 家族が集まる居心地抜群のLDK

IMG_2016_03_05_2543-02

狭小・北向きでも明るく快適! 家族が集まる居心地抜群のLDK

首都圏の狭小住宅でよく見かけるのが「3階建て・2階がLDK」というパターン。だが、東京を中心に数多くの狭小住宅を手がける(株)ホープスの清野廣道さんは、敷地14坪のU邸のLDKを3階・北向きに配置した。一見するとセオリーに反するようなこの間取りには、実はいいことが盛りだくさん。その魅力とは?

IMG_2016_03_05_2566-02IMG_2016_03_05_2574-02_02

セオリーよりも“暮らし方”を大切にする家づくり

時季が来ると、閑静な住宅街を彩る桜並木沿いの角地。それが、ご夫妻と娘さんの3人家族のためにつくられたU邸の立地である。

“桜並木沿いの角地”は、一見、恵まれた条件のように思える。しかしUさん一家がこの敷地に新居を建設するにあたっては、大きく分けて2つの懸念点があった。ひとつは広さが約14坪と、いわゆる狭小敷地の部類に入ること。もうひとつは、ぜひとも眺めたい桜並木は敷地の北にあり、角地といっても隣家がないのは北西ということだ。

狭小住宅を得意とする複数の設計会社にコンタクトしたUさん一家は、最終的に株式会社ホープスの清野廣道さんに家づくりを託した。その理由を、かつて施工関係の仕事もしていたUさんはこう語る。
「正直、他社の提案は新鮮さを感じられなかったんです。私たちにはないアイデアが次々と出てきて、住まいのあり方に“広がり”を感じられたのはホープスさんだけでした」

完成したU邸は、1階が車庫とゲスト用個室、2階が夫妻と娘さんそれぞれの個室とバスルーム。3階はLDKとなぜか洗濯機置場があり、LDKから上がる屋上にはルーフバルコニーがある。

ここでひとつの疑問が湧いてくる。狭小住宅でU邸のように3階建てとする場合、プライバシー面や玄関からの動線を考え、LDKは2階に配するケースがほとんどだ。なぜ、U邸は3階をLDKとしたのだろうか?

答えはU家の暮らしに合わせた家事動線にあった。Uさんは仕事の傍ら地元の小学生のバレーボールクラブのコーチを務め、この春に高校へ進学した娘さんもバレーボール部で活躍するスポーツ少女。父娘それぞれの部活動で大量の洗濯物が生まれるU家の新居設計において、洗濯物を干す広いバルコニーや効率的な家事動線の確保は極めて重要なミッションだ。

しかし、バルコニーを広くとればそのぶん部屋が狭くなってしまう。「その解決策としてご提案したのがルーフバルコニーです。これなら各フロアのバルコニーが不要になり、住空間を広くとれます」と清野さん。ルーフバルコニーへ出る屋上階には室内干しスペースもある。洗濯の動線を考えると、奥さまが長い時間を過ごすLDKは屋上階に近いほうが断然いい。そこでLDKを3階とし、洗濯機置場も設けたというわけだ。

桜を眺められるよう、LDKを北向きにつくったことも3階とした理由のひとつ。北側採光は安定した柔らかな光を得られ夏場の酷暑対策にもなるが、南に比べたら光は弱い。そのため、LDKを3階にして窓の位置を高くし、たっぷり採光する環境を整えたのである。

清野さんによれば“採光”、“広いリビング”といった多くの施主が望む条件を狭小地でクリアしようとすると、ある程度パターン化された間取りになりやすい、とのこと。
「でも、“暮らし方”は施主さまごとに異なります。我々は施主さまそれぞれのスタンダードを見つけ出し、家づくりに活かしていく。U邸の場合は桜並木沿いという恵まれた立地と、ご主人もお嬢さまもスポーツに打ち込んでいらっしゃるライフスタイルが軸になりました」

ふと、Uさんが「子どもがリビングを通らずに自室に行ける間取りには、多少迷いもありました」と口にした。すると、娘さんは「みんないつもリビングにいるよ」と無邪気に返した。奥さまはその言葉を受け、「全員そのままリビングで寝ちゃいそうだもんね」と笑う。

家族の顔を見ずに自室へ行ける間取りなど、Uさん一家にとっては何の弊害もないのだろう。清野さんはこの仲の良さも早々に察知して、少々型破りな間取りを提案したのかもしれない。一般的なセオリーとは異なる造りながら、U邸のLDKは明るく開放的で家事動線も抜群。“暮らし方”を見つめる丁寧な対話と設計の工夫によって、Uさん一家に最高にフィットするかけがえのない住まいが誕生した。

IMG_2016_03_05_2581-02IMG_2016_03_05_2584-02

家族と暮らしを守る、すぐれた構法を見極める審美眼

家づくりの発想・アイデアに広がりがあり、ひとつ要望を伝えれば数パターンの提案が返ってくる。そんな同社の設計力に惹かれて依頼を決めたUさん一家だが、実はもうひとつ、同社に家づくりを託した大きな理由があるという。

その大きな理由とは、耐震性の高さ。施工も手がける同社の木造住宅の構法はすべて、鉄筋コンクリート造や鉄骨造などで用いられるラーメン構造を木造にとり入れたもので、非常に耐震性が高いのだ。

清野さんは言う。
「高性能を謳う新しい素材や技術、住宅商品はどんどん出てきますが、そういうものを使えばいい家ができるとは思っていません。家づくりで大切なのは、どんなものを用いるかではなく、建物としての性能や快適さを総合的に計算しながら“ちゃんとつくっていくこと”です。そういう観点で、“いい”と判断したものは積極的にとり入れます」。
あくまでも“どうつくるか”を重視し、新しい技術や素材は真に活きるかを慎重に見極める。その中で、同社が“いい”と判断した筆頭がこの構法なのだという。

取材時、Uさん一家は1週間後にこの新居への引越しを控えていた。「もう電気も水道も通ってるから、ここに泊まろうと思えば泊まれちゃうよね」と、嬉しそうに話す娘さんを見て笑顔のご夫妻。趣あるアカシアの床や窓越しの桜並木が一家団欒にふさわしい温かな心地よさを醸す空間は、住む人と暮らしを守る確かな強さも備えている。

IMG_2016_03_05_2591-02IMG_2016_03_05_2612-02IMG_2016_03_05_2601-02

住んでいる人:夫婦+子ども1人

ホープスさんと初めて打ち合わせをしたとき「どう暮らしたいですか?」と聞かれ、家づくりで大切なことに気づけたように思います。娘の言うことを子どもだからと流さず、真摯に聞いてくださる姿勢もとても信頼できました。設計期間中は流行や一般論を押し付けることなく、私たちが実際に住みやすいかどうかを親身に考えてくださり感謝しています。私たちらしさが随所に活き、予想を上回る素晴らしい住まいになりました。

IMG_2016_03_05_2645-02

Works:暮らし方を大切にする、北側3階リビングの狭小住宅

パートナーを探して3千里

前回から少し間が空いてしまいましたが、お客様のブログをピックアップ第2弾でございます!

今回は、皆様が一番気になっていると思われる「パートナー探し」についてです

ここに載せていただいてるのは、弊社を選んでくださったお客様のブログですが、決して弊社をえこひいきしているわけではございません

お客様が感じたこと、思ったことをそのまま記事にしていただいております

皆様のパートナー選びの参考にしていただければ嬉しいです

 

ずっと賃貸に住もうと思っていたのに…注文住宅建てまーす!夢のガレージハウス。マイホーム完成を目指して

どこがイイ?ハウスメーカー比較ハウスメーカー決定

Lifestyle-log COLORFUL DAYS

都内狭小住宅での建築会社えらび

元気くんママの徒然ブログ

【小さいお家・道のり物語】 鏑矢が放たれた!

【小さいお家・道のり物語】 決心。

家づくりのいろは

設計・工務店探し

Kaco’s family HOUSE へようこそ!

はじめての家づくりは、わからないことだらけ コンサルN子さんと一緒に、第一歩を踏み出す「この人に家を建ててもらいたい」 家づくりには、その気持ちが一番大事

土地探しはどうしたの?

お客様が書いてくださっているブログの記事をピックアップ!

第1弾は「土地探し」についてです。

弊社に相談しに来られるお客様は、土地をすでに購入している・持っている方だけではなく、これから購入しようとしている方も多くいらっしゃいます。

そんなお客様の土地探しについて書かれている記事です!

Ⅰ.ずっと賃貸に住もうと思っていたのに…注文住宅建てまーす!夢のガレージハウス。マイホーム完成を目指して

きっかけは…ヒラメキ!!購入検討地のアレコレ…

Ⅱ.Lifestyle-log COLORFUL DAYS

土地探しと、決めた理由①

土地探しと、決めた理由②

Ⅲ.家づくりのいろは

土地さがしから

砧の茶室のあるストレートダイニングの家

_MG_5016

お客様が家づくりについてブログを書いてくださいました。
家づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか

Blog:http://ameblo.jp/kaco-family-house/entrylist-1-1.html

Works:砧の茶室のあるストレートダイニングの家

Interview:「こだわりのキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

Move:「こだわりのキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

HOPE'sが今まで携わってきたお客様の生の感想を綴ったお客様の声プログです。