HOME » noie – ノイエ

noie – ノイエ

スミタイノハドンナイエ?

家づくりの初めに住みたい家のイメージを考える時、「広いリビング」「ロフト」等、具体的に考える前に新しい家で「どんなふうに暮らしたいか」「どんなコトをしたいか」などのライフスタイルからイメージしていくと自然と自分たちが住みたい家のイメージが浮かび上がってきます。
お望みのライフスタイルをお伝えいただけると我々も数ある引き出しからいろいろなアイデアを提案することができます。
お伝えいただくライフスタイルは明確なものでなくても「人を呼ぶのが好き」「山や自然が好き」などといった大まかなイメージでいいのです。そこから一緒にイメージを膨らませていきましょう。
下のたとえのようにまずは自分たちのこれまでの、または新しいライフスタイルを考えながら住みたい家のイメージを思い浮かべてみてください。

コートノイエ

コートノイエ

山など自然が好きな私たちが考えたのは住まいの中に自然があること。
都会において大きな庭を持つことはなかなか難しいけれど、出来るだけ周りを気にすることなく開口を大きく開け樹木を眺めながら自然との一体感を感じられる開放的な生活を送りたい。
建物を敷地いっぱいに配置して真中にコートを設け、そのコートに対して大きな開口部をとる案によって、周囲からは一歩引いた明るく開放的な空間を獲得することができました。
一つ一つは大きな部屋を取れなかったけれど外部と一体になった家は私たちにとってとても快適な住まいになりました。

ガレージノイエ

ガレージノイエ

何よりも車中心で車をいじるのが好きな私達が望んだ住まいにはガレージが必須でした。敷地は限られた大きさしかなく、その中でどのようにガレージをとるのかが家づくりのポイントでした。 車のメンテナンス等をすることや、大切な愛車を守る為にガレージをインナーガレージとし、1階の寝室とガレージを一体化出来るようにする提案で、寝る時や寝室で寛いでいる時も愛車を眺められる趣味の空間を持つことができました。 インナーガレージとする事で部屋数は減ってしまいましたが自分好みの住まいを得ることができました。

ドマノイエ

ドマノイエ

夫婦で陶芸等ものづくりが趣味な私たちは休日の多くは作品作りをしているので新しい家はワークスペースでもあり、作品を展示するスペースでもある場所のある住まいを希望しました。 ワークスペース件ギャラリースペースとなる土間空間を1階の道路に面して設け、生活空間を通らずにトイレに行ける案は将来ショップを開くことも考えていた私達にとってぴったりの住まいです。 ワークスペースが土間なので汚れ等をあまり気にせず作業が出来るのもとてもいいところです。 いつか自分たちのつくったもので満たされたお店を開くのが楽しみな住まいになりました。

お問い合わせはこちら

ノイエ

つぎどうしたらいいの? 耐震構法・SE構法

株式会社 ホープス

〒158-0086
東京都世田谷区尾山台3-24-6
TEL: 03-5752-8877
FAX: 03-5752-8878
一級建築士事務所
東京都知事登録 第44784号
建設業許可
東京都知事許可(般-21)第122923号