HOME » 現場レポート » 目黒区KI邸新築工事(2012.2竣工) » 外断熱工法 外壁下地工事
現場レポート

外断熱工法 外壁下地工事

130109

SE構法を用いての外断熱工法は今回が初となります。基礎外周部も断熱材に囲われており外壁も全て覆われています。外壁仕上げを行う必要がありますので垂木を配置して下地を施工しておきます。 通常の施工であれば外壁の合板が張り終われば防水紙を張って検査後仕上げ工事となるのですが、今回は断熱層がある分工事数が多くなっています。防水紙との納まりも注意しなければならず、弊社社長の検査では多くのご指摘を頂いてしまいました。これらを修正していよいよ仕上げ工事に入っていきます。

お問い合わせはこちら