現場レポート

R壁造作

130325

ラウンジスペースのR壁造作の下地状況です。 R壁は納め方がなかなかシビアでして、壁をおこすには通常のベニヤやボードでは曲がりが利きませんので、専用の曲がりベニヤ等を用いて造作します。また、墨出しの際にも曲がりベニヤに寸法を罫書き型を作成の上下地組みとなりますので大変な作業ですね。個人的にはこの様に仕上前の見えない部分の納め方こそ最も重要だと思ってますので、キッチリと段階を追って丁寧に納めてもらえるととても安心感がありますね。まさに大工さんの腕が光ります。


お問い合わせはこちら