HOME » 作品事例 » 新築 » 狭小住宅 » ペットと暮らす変形旗竿敷地の家
  • 狭小住宅

ペットと暮らす変形旗竿敷地の家

工事場所:
東京都大田区鵜の木
竣工年月:
2012年12月
主要用途:
専用住宅
構 造:
木造2階(軸組工法)
延床面積:
92.70㎡


建物を敷地形状に合わせるかたちで旗竿敷地の「旗」の部分一杯に建物を計画し、また「竿」の部分に一部はね出して部屋をつくっています。これにより3階建て相当の規模を2階建てで実現しコストをおさえ、同時に各階の広がりをつくり出しています。 また、犬用のスロープを設置できるように、幅の広い緩やかな階段としています。また犬の脚に優しいといわれるコルクタイルを多く使用し、リビング・ダイニングには床暖房を敷設して床で暮らせる環境をつくっています。 主な生活空間である2階は屋根の骨組みを表しにした高い天井と天窓・高窓により、明るく伸びやかな空間としています。 光のあふれる開放感のある計画により、ペットとのびのび暮らせる空間を実現しました。

お問い合わせはこちら

リノベーション